COTTON USA



          COTTON USAマーク商品紹介 バックナンバー 


  2017年 WINTER


ストライプインターナショナル 
 earth music&ecology 「COTTON USA デニムシリーズ」

 「ナチュラルガーリッシュ」をテーマに、オシャレ着から通勤、カジュアルまで、女性の様々なスタイルを提案するブランド「earth music&ecology」。ほどよいトレンド感と着やすさはもちろん、上質で買いやすい価格のアイテムが揃い、多くの女性から圧倒的な支持を得ている。
 今春からは、新たに「COTTON USA デニムシリーズ」がスタートする。高品質なアメリカ綿を使い、ソフトで心地よい肌触りが魅力の6アイテムが登場。春コーデに欠かせない「デニムGジャン」は、女性らしいコンパクトなフォルムでどんなアイテムとも合わせやすく、スタイリッシュな着こなしが幾通りにも楽しめる。「裾フリンジワイドクロップドデニム」は、足首が見える短め丈でトレンド感を演出。他にも「ホワイトデニムGジャン」、「デニムタイトスカート」、「ガールフレンドデニム」、「デニムワイドパンツ」など、旬のベーシック商品が続々とラインナップする。
 価格は全アイテム¥2,990(税別)。同社では、「COTTON USAの高品質な素材を使って、良い品を手ごろな価格で提供したい」とし、コストパフォーマンスの高い商品展開となっている。全国約280店舗とオンラインショップで販売中。




      問い合わせ先: 株式会社ストライプインターナショナル 
                 プレスルーム 電話:03-3524-2439 
                 http://stripe-intl.com/



  2016年 AUTUMN

グンゼ
 「YG COTTON COOL(コットンクール)」
「着た瞬間、ひんやり気持ちいい。綿100%のクールなタッチの冷感肌着」

 YGブランドの涼感シリーズとして、発売以来大人気のYG COTTON COOL(コットンクール)」。厳選したコットン素材を、こだわりの技術で微強撚のコンパクトスピン糸に仕上げているので、肌に触れた瞬間に感じる「ひんやりとした心地よい清涼感」が特長だ。
 さらに優れた吸汗速乾性があり、抗菌防臭加工も施されているため、汗の臭いなどを抑え、夏場に最適な涼感インナーとなっている。
 シルエットは、体のラインに合わせて着圧を均一にした立体設計アルゴフォルムカットを採用し、快適なフィット感を実現した。短めの袖丈でアウターの袖からシャツが出にくくしたり、脇パッド付で汗ジミ対策タイプなども揃う。

「17年春夏からはカラー展開もスタート」

 グンゼの調べでは「白以外の肌着を着る男性は、全体の8割近い」という。YGはどちらかというと白系のイメージが強いため、来春夏からはライトブルーを投入し、カラーバリエーションを増やしていく。
 さらにニーレングス(膝下丈)のボトムスも新たにラインナップに加わる。トップス同様サラリとした清涼感のある素材で、太股やひざ裏の汗にも対応。アウターへの汗ジミを防ぐ。ラインはゆったりめで、ひんやりした肌触りの良さが自慢だ。
 「今までYGはビジネス向けの印象が強かったのですが、色やスタイル、アイテムにもっと選択肢があることをお伝えしたいです。幅広い年齢層の方々に愛されるブランドとして、多彩なシーンでYGを楽しんで、着心地の良さを体感していただければ嬉しいですね」(インナーウエア事業本部MD本部メンズ&キッズMD部 南晶宏部長談)

 

    問い合わせ先: グンゼ株式会社 
        報道関係:広報IR室06-6348-1314/03-3276-8676
        一般:グンゼお客様相談室 0120-167874(平日:9:30~17:00)

           GUNZEホームページ  http://www.gunze.co.jp/
           「YG」ブランドサイト   http://cotton-yg.com/



  2016年 SUMMER


東京西川
さまざまな“やわらかさ ”が楽しめるタオルブランド
「watairo (わたいろ)」の3種類

 東京西川の上質感と柔らかな肌触りにこだわったタオルシリーズ「watairo(わたいろ)」から、COTTON USAライセンスを取得した「ゆいわた」、「はねわた」、「かるわた」の3種類が発売された。
 「watairo(わたいろ)」は、「タオルでやすらぐ。肌からやすらぐ。」をコンセプトに、「日常の心地いい時間をタオルで演出しよう」と企画されたブランドだ。
 商品化するにあたり一番重視したのは、作り手目線ではなく、使う側のニーズ。多くのユーザーが「吸水性」と「肌触り(柔らかさ)」を求めている点を受けて、産地(今治)の職人技と、東京西川のタオルソムリエの熱意が結集。「安心の品質」、「使いやすさ」を大切にしたタオルづくりをスタートさせた。
 だが、一口に「やわらかい」といっても、その感じ方は千差万別だ。そこでできる限り多くのユーザーの感覚を満たすようバリエション 豊かな7種類をラインナップした。その中で、高級なアメリカ綿を贅沢に使ったCOTTON USAを使用した「ゆいわた」、「はねわた」、「かるわた」の3種類の特長をご紹介しよう。

「ゆいわた」…4重構造のガーゼタオル。毛羽がほとんど出ず、デリケートな顔などに最適。通常のガーゼの柔らかさを超える、すべすべした肌触りが気持ちいい。
「かるわた」…パイルに中空構造の無撚糸を使用。空気を多く含んでいるので、ふんわり軽く柔らかい、吸水性が自慢のタオル。ふわふわタッチと弾力性の良さが特長。
「はねわた」…繊維が長く細い糸をほとんど撚らずに使用することで、ソフトでしなやかな肌触りを実現。パイルとガーゼのリバーシブル構造で、薄手で軽い仕上がり。

 商品は、3種類共にバスタオル (サイズ:60cm×120cm)本体価格 ¥3,000+税、フェイスタオル (サイズ:34cm×75cm)本体価格 ¥1,200+税、ウォッシュタオル(サイズ:34cm×35cm)本体価格 ¥600+税で綿100%。全国の百貨店、専門店、家具店などで展開中。

 

     問い合わせ先: 東京西川(西川産業)  
                電話:03-3664-3964  http://watairo.jp/



  2016年 SPRING


西川産業
“柔らかな肌ざわり” にとことんこだわったカバーリング・ブランド
「ismore(イズモア)」

 西川産業の調査によると、消費者がカバーリングに求める要件の第1位は、“柔らかな肌ざわり”。「ismore(イズモア)」は、そのニーズにとことんこだわったブランドだ。
 しかも使う人の好みに合わせて、“いろいろな肌触りと柔らかさが選べる ”という贅沢なシリーズ。しなやかなタッチと光沢感の「うっとりシルキーサテン」、柔らかく織り上げた「幸せふっくらガーゼ」、エアリーな柔らかさの「ふわりシフォンガーゼ」、ほどよいハリを持つ「しなやかロイヤルオックス」、甘くゆるく編み上げ肌沿いの良い「くつろぎスムージーニット」の全5タイプに加え、春夏向けに風が抜けるような心地よさの「さらっとさわやかボイル」が新しく加わった。
 こだわりの柔らかさの秘密は、ブランド名の由来でもある出雲の紡績工場で、通常の4倍の時間をかけてゆっくり丁寧に紡いだ糸作りの工程にある。しかも品質・量ともに安定して供給される高級なアメリカ綿を原料にしているため、しなやかでふっくら柔らかな風合いが継続して引き出せることを可能にした。さらに甘撚りの糸使いでよりソフト感を出したり、生地の仕上げにエアーウォッシュ加工し、綿繊維をほぐして肌触りを滑らかにするなど工夫を重ねている。
 生地には、綿本来の良さを引き出すTZ・SX加工をしているので、洗濯後もソフト感と風合いが持続し硬くなりにくい。同社の消費者調査でも多くのユーザーが家庭洗濯後の生地の柔らかさに満足しているという。
 縫製も、開閉が楽な「リボンテープ付きファスナー」や簡単で便利な「クイックスナップ」、型崩れしにくい「3方ステッチ」の採用などこだわりのしつらえが満載だ。
 価格は、掛けふとんカバー¥8,000 - ¥12,000(税抜)、クイックシーツ¥6,000 - ¥8,000(税抜)、ピローケース¥2, 800(税抜)。全国の百貨店・専門店を中心に約300店舗で発売されるほか、大手オンライン通販などでも発売されている。

 

     問い合わせ先: 西川産業株式会社 商品第3部カバーシーツ課 
                電話:03-3664-3954  http://www.nishikawasangyo.co.jp/



   2016年 WINTER


■EDWIN

クラシック・テイストを漂わせた進化版ジーンズが新登場
「EDWIN 503 FRONTIER(フロンティア)」

 
今春エドウインから、原点回帰を思わせる新ライン「EDWIN 503 FRONTIER(フロンティア)」が発売された。 40~50代のアダルト層をメイン・ターゲットにしたシリーズで、彼らが若かりし頃に穿いていたジーンズのクラシカルな雰囲気を残しつつ、生地やシルエットを現代風に進化させた。
 生地は、昔ながらの13.5オンスで、ジーンズの王道の重さを再現。しっかり肉厚感がありながらも柔らかさを出した。さらにストレッチ性を取り入れて今風の穿き心地のよさも兼ねそなえた。素材には、アメリカ綿を100%使用しているので風合いが豊かで膨らみ感があり、品質の良さがはっきりわかる心地よさ。穿きこむほどに肌になじみ、正統派ジーンズの風格を実感できる仕上がりだ。
 シルエットは、深めの股上を採用し、よりアダルト感を強化。だが今のファッションに合わせやすいように、ヒザ下から裾までの広がりを抑えて、ストレートなすっきりラインとなっている。皮ラベルも昔ながらの上下縫い仕様にしてあるので、ラベルにベルトを通してクラシック・スタイルへのアレンジも可能だ。
 生地、デザイン、シルエットの全てにこだわったフロンティア。過去と現代の好いとこ取りで、新旧のディテールが随所にちりばめられている。
 企画生産部の本村敬太氏は、「市場が変化し、アダルト層が満足できるジーンズが少なくなりました。この商品は、そうした声にお応えして登場しました。穿いた感じは“昔ながらのコットン100%製の心地よさ ”ですが、スタイルはまさに“今”です。かつての表情はそのままに、昔買っていた顔がそこにあるような…でもどこか新しい。そんな新感覚のジーンズです」と胸を張る。
 価格は、9000円(税別)で、6色展開。全国のOSADA中心の専門店30~40店舗とEDWINオンラインショップでも発売中。

 

     
問い合わせ先: 株式会社 エドウイン 企画生産部 
              
電話:03-5604-8904  http://www.edwin.co.jp/




   2015年 AUTUMN


■GUNZE
「YG」が2015年度のグッドデザイン賞を受賞

 COTTON USAライセンス商品のグンゼ「YG」が、「2015年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。
 「YG」は、綿にこだわり、「着心地の良さ」を追求したメンズインナー。
 今回の受賞では、「日常に使用する下着として、実用価格で、実感可能な機能性を提供する商品であると十分に評価できる。肌触りはかろやかで、特に夏場にさらりとした涼感を得たい時には適した素材。パターンも立体感があり着やすい」と評価された。
 YGは高級アメリカ綿を贅沢に使用し、触れるとその柔らかさを実感できる。同社が開発した特殊紡績手法の甘撚りコンパクトスピン糸を使用しているので、毛羽が少なく光沢感のある生地が特長だ。シルエットも立体設計のアルゴフォルムカットを導入して、身体のラインに合わせたスマートなラインを作り出した。首から肩へかかる着圧を減少し、全体に包まれるフィット感で着心地よさを高めている。
 今回の受賞を契機に、グンゼではさらなる「YG」の販売拡大を図り、「いつの時代も生活者の暮らしに寄り添うブランドであり続けたい」としている。

 
 

     問い合わせ先:
       報道関係:広報IR室 電話:06-6348-1314
       一 般:グンゼお客様相談室 0120-167874 (平日:9:30~17:00)
            http://www.gunze.co.jp/




■フェリシモ
肌にやさしくなじむ、カリフォルニアコットンの裏起毛ロゴTシャツ
「Blue Black Planet(ブルー ブラック プラネット)」

 洗練された大人のカジュアル・スタイルを提案するフェリシモの「Blue Black Planet(ブルー・ブラック・プラネット)」が、COTTON USAマークの新しい仲間に加わった。
 登録商品は、綿100%製の裏起毛ロゴTシャツ。カリフォルニアのサンフォーキンバレーで、太陽の恵みをいっぱい受けて育った質の良いアメリカ綿を使用し、柔らかく優しい肌触りが特長。さらに裏起毛しているので、ふんわり肌になじみ温かさも抜群で、ずっと着ていたくなるほどの心地よさ。冬のコーディネートにおススメだ。
 トレンドのロゴTシャツは、今シーズンのマストアイテムで、着こなしのアクセントに取り入れたい品の一つ。「ブルー ブラック プラネット」なら、大人っぽいグラフィック・プリント&カラーリングで、オンにもオフタイムにも活躍しそうだ。
 シルエットも体型をカバーする長めの着丈に加え、つかず離れずほどよく体に沿うスタイルなので、ワイド系パンツや甘めのフレアースカート、スキニ―などどんなボトムスにも合わせやすく、何枚も集めて楽しみたい。
 デザインは全4タイプで、カタログとオンラインショップで12月から発売予定。

  

     問い合わせ先:株式会社フェリシモ 
     報道関係:広報 078-325-5700
     一 般:お客様センター 0120-055-820
          (平日9:00~17:00)
          http://www.felissimo.co.jp/




■ザザグループ
2Lから6Lまで豊富なサイズ展開が魅力アメリカンカジュアルなメンズ・ブランド
「DANIEL DODDプリント長袖Tシャツ、トレーナー、パーカー」

 「大きいサイズの方に、もっとお洒落を楽しみ生活を楽しんでもらいたい」との思いから、2L~6Lまで豊富なサイズを展開するザザホラヤ・オリジナルブランド「DANIEL DODD(ダニエル・ドッド)」。アメリカン・テイストのカジュアルなデザインと、優れたコストパフォーマンス性、ワンブランドで全身コーディネートできるほどの品揃えが自慢だ。
 秋冬の一押し商品は、トレンド・アイテムとして人気のトレーナー、長袖Tシャツ、プルパーカー、フルジップパーカー、スウェットパンツ。上質なアメリカ綿を使っているので、肌触りがやわらく抜群の着心地だ。またボリューム感がありしっかりした肉厚生地は、体型に気にせず、一枚でもきれいなシルエットが完成するように作られている。
 デザインは無地とアメカジ風のプリント柄があり、ベーシックな定番の着こなし以外にも、今年風にトレンチやジャケットのインにしてストリート感のあるスタイルにもおすすめだ。
 全国の大きいサイズの専門店ビックエムワン80店舗をはじめ、オンラインショップで発売中。

 

     問い合わせ先:株式会社ザザホラヤ  
               電話:093-951-8977  http://zaza-g.com/



   2014年 SUMMER


EDWIN
色落ちしにくく、色移りしにくいジーンズが新登場 
「503 KEEP BLUE(キープブルー)デニム」


 昨年モダンなシルエットに刷新された「503」に、新たなラインが誕生した。色落ちしにくく、色移りしにくいジーンズ「503 KEEP BLUE(キープブルー)デニム」の登場だ。 
昨今メンズボトムスは、きれいめ系やカラーデニムのヒットなど、インディゴのブルーもカラーのひとつとされる市場傾向だという。ジーンズというと、穿きこんで好みの色落ち感やしわをつけカスタマイズするのが一般的だが、一方で「いつまでも購入時のノンウオッシュやワンウォッシュの色を保持したい」、「摩擦でシャツなどのトップスや靴、バックなどに染料がつくのが嫌」というニーズも少なくない。EDWINではこうした動きに合わせ、ワンウォッシュのクリーンな表情をずっと保ち楽しめるジーンズをうちだした。
 新商品は、カイハラ社と共同開発した、「色の保持力と移染・摩擦堅牢度」を強化した独自の特殊染料を使用。染色工程でも工夫を重ね、高い堅牢度を実現した。家庭洗濯を繰り返しても従来のインディゴデニムの色落ちと比較すると圧倒的な色保持力を有するという。色移りも一般財団法人日本繊維製品品質技術センター(QTEC)による摩擦堅牢度試験で、乾摩擦:5級、湿摩擦:3級(注1)と高いスペックを保持している。
 原料にもこだわり、白度の高いアメリカ綿を100%使用しているので、本来のインディゴのような発色が生まれるだけではなく、ワンウォッシュながらも抜群の肌触りの良さに仕上がっている。
 シルエットは、脚長効果を加えたスタンダードな「503ストレート」、トレンドのセルヴィッチ使いでロールアップもできる「503テーパード」、股上が浅くなく腰周りのフィットを向上させた「503スキニー」の3タイプで、各9,500円(税別)。カラーは、生のデニムをイメージした「ロウ・インディゴブルー」とワンウォッシュのデニムをイメージした「ダーク・インディゴブルー」、少し穿き込んだデニムをイメージした「ミッドダーク・インディゴブルー」がラインナップしている。
 EDWINでは、この商品を「インディゴの色移りを軽減することにより、より幅広い着用シーンに対応できるジーンズ」と位置づけ、カジュアルのみならずビジネスあるいはドレスシーンでも着用できるジーンズとして販路拡大に期待が高まる。また今後も「EDWIN×カイハラ×COTTON USA」のコラボで独自商品の開発を行い、新たなジーンズの価値をマーケットに提案したいとしている。



  問合せ先:株式会社エドウイン商事 企画生産部 電話:03-5604-8904
  http://www.edwin.co.jp/


注1 従来のインディゴの摩擦堅牢度に対するEDWIN基準は、乾摩擦:3級、湿摩擦:1-2級


   2014年 SPRING


F・O・インターナショナル
ベビーからポップなオシャレを楽しめるブランド
「PARTY PARTY パーティー パーティー」




 ベビー・子供服を企画・製造するF・O・インターナショナルの人気ブランド「PARTY PARTY パーティー パーティー」から、COTTON USAマーク商品が登場した。
 店頭でもかわいいデザインがひときわ目をひくこのブランドは、「赤ちゃんのときからおしゃれをお楽しんでほしい」と企画され、カラフルなグラフィックスとふしぎなキャラクターが特徴的な多くのママたちから支持を得る評判のブランド。PARTYのようなワクワク・ドキドキ感がコンセプトになっている。
 今回の登録商品は、ユニークなキャラクター&グラフィックスをプリントした、スムースグレコ肌着。高品質なアメリカ綿の柔らかさと、心地よい肌触りが存分に楽しめる商品だ。シルエットも細身ながらも動きの激しい赤ちゃんが楽なように機能的なマチをつけたり、内側の紐と外側のスナップで体型に合うようにデザインされている。また、毎日の繰り返し洗濯にも、色が褪せないように染色も工夫され、小さな肌着に様々なこだわりが詰まった逸品だ。
 価格は¥1500(+ 税)で、キャラクター柄(イエロー/オフホワイト)とドット柄(ライトパープル/ローズピンク)の2種 各2色展開。さらに、この肌着を購入すると、パーティー パーティーのオリジナルペーパーハンガーも付いてくる。発売は、6月20日から全国の「BREEZE」ストア (http://breeze.fo-inter.jp/)と、オンラインストア「and BREEZE」 ( http://www.andbreeze.com/ ) にて。



 お問合せ先:株式会社 F・O・インターナショナル プレス・クリエイター室
 電話: 078-325-5443  http://www.fo-kids.jp/

 
   2014年 WINTER


グンゼ
絶妙なフィット感とやわらかさを追求した
着心地を感じるインナー「YG」が新生デビュー!


 グンゼが今春から主力商品「YG」シリーズを大幅刷新する。YGは綿100%にこだわったベーシック肌着で、男性用肌着の代名詞的な存在ともいえるロングセラー商品だ。今回の新生デビューでは、「着心地の良さ」をとことん追求して、40歳前後の団塊ジュニア世代を中心顧客ターゲットに絞り込んだ商品開発となっている。
 新生YGは、高級なアメリカ綿をふんだんに使用し、綿100%素材をベースに抗菌防臭機能や洗濯を重ねてもやわらかさが続く機能が付加された。触れるとそのやわらかさを実感する生地には、特殊紡績手法の甘撚りコンパクトスピン糸を使用。毛羽が少なく光沢のある風合いが特徴だ。シルエットも立体設計のアルゴフォルムカットを導入して、体のラインに合わせたスマートなラインを作り出した。特に首から肩への着圧を均一化したため、絶妙なフィット感が得られ着心地のよさを極めている。さらにクールビズやビジネスシーンに適したスタイリッシュなネックスタイル、ワイシャツの下に着てももたつかないアームフォルム、厚みを感じにくいフラットな裾など、同社が長年培った肌着への細やかな配慮が活かされている。
 今回登録されたCOTTON USAマークの新商品は、全10型。クルーネックTシャツ、VネックTシャツ、タンクトップ、Vネックスリーブレスシャツ、UネックTシャツ、ニーレングス、ボクサーブリーフなどで、価格は700~900円(税抜価格)。COTTON USAでは、発売に合わせて全国の量販店約3000店向けに、専用の特製COTTON USAマーク・スイングPOPを店頭に設置、また消費者メディアを使ったタイアップ・キャンペーンを実施する。
 昨今、吸汗速乾などの機能性肌着が市場を席巻していたが、最近は肌触りの良い綿の肌着を好む消費者が非常に増えてきており、新しい「YG」に大きな期待がかかっている。





お問合せ先:グンゼ株式会社 お客様相談室 0120-167874
受付時間 月曜日~金曜日9:30~17:00(土日祝日、年末年始を除く)




EDWIN
新たなスタイルを追求し、本物の質を極めたジーンズ
新生「503」誕生


 EDWINの看板モデルであり、名作デニムとも評される「503」の新作が登場した。新しい「503」は、“今あるべき姿にすべてを新設計したベーシックジーンズ ”だという。品質にこだわり、本格派の魅力とモダンな旬のスタイルを兼ね備えた新作のコンセプトは、「かっこよくキマル。男をアゲル」。
 最大のポイントは素材感にある。アメリカで収穫した高品質なアメリカ綿を100%使用し、デニムメーカー・カイハラ社が独自技術を駆使して国内で織りあげているので、風合いが豊かで膨らみ感があり、品質の良さがはっきりわかる。穿きこむほどに肌になじみ、ビンテージのような正統派ジーンズの風格を実感できる仕上がりだ。
 シルエットも飽きのこないシンプルなルックスで、今のファッションに合わせやすいスタイル。ゆとりのある腰回りと深めの股上、足長効果のある膝から裾へのテーパードライン、シンプルなステッチデザインなどスタイリングの創造力を掻き立てるような作りになっている。パターンからステッチワーク、裁断、縫製まで全てEDWIN自社工場でミリ単位で設計し直したという自信作だ。さらに今回初めて、環境への影響が少ないレーザー加工と伝統的な洗い加工を組み合わせた、最新鋭の洗い加工を施しているので、立体的で自然な表情がほどよく出て、印象的だ。
 商品は、ワンウオッシュ:\9,000(税別)、ダークユーズド:\10,000(税別)、ライトユーズド:\11,000(税別)の3色展開。全国の700店舗とオンラインストアで今春から本格発売される。



お問合せ先:株式会社エドウィン商事 企画生産部 電話:03-5604-8904
http://www.edwin.co.jp/



   2013年 AUTUMN


西松屋チェーン
「ELFIN DOLL (エルフィンドール) California Cotton シリーズ」

 マタニティ用品からベビー、子ども服まで、子育ての生活用品全般を扱う西松屋が、このほどCOTTON USAマーク・ライセンシーに加わった。同社は、赤ちゃんと子供向けに、良質な品をお値打ち価格で提供することで人気が高い。
 今回の登録商品は、プライベート・ブランド「ELFIN DOLL」の新しいシリーズで、新生児と幼児、子供用の肌着各種。高品質なカリフォルニア綿を贅沢に使用し、甘撚りの糸で柔らかくふんわりした素材感が自慢の品だ。吸水性も抜群で、汗かきの子供の肌に快適な着心地になるよう、こだわりの仕上がりになっている。デザインはシンプルだが、プリントやカラー、刺繍などで、随所にかわいらしさも盛り込まれている。
 今回の登録について同社では、「良質な素材が持つ価値を多くの方に実感してもらうことで、このシリーズを中核商品の一つに育てたい」と期待が込められているという。
 商品は、①新生児用肌着(半袖ロンパス肌着、長袖ロンパス肌着、袖無しロンパス肌着)が各3枚組セット売りで979 円から。②幼児用肌着(半袖シャツ、長袖シャツ、袖無しシャツ)3枚組 679 円~879 円、③子供用肌着(半袖シャツ、長袖シャツ、袖無しシャツ)3枚組 779 円~979 円のラインナップとなっている。全国の約850 店舗で順次販売中。ネット通販でも購入可能。




  問合せ先:株式会社西松屋チェーン 電話:078-381-9301
        http://www.24028.jp/



   2013年 SUNMMER




 1973年、アメリカ東沿岸部のヴァージニア州マーティンスビルで産声を上げた「DISCUS」ブランド。ユニークで力強さを兼ね備えたアクティブウエアは、アメリカ国内で多くの若者たちの支持を得てきた。その人気は国内だけにとどまらず、現在では世界的なスポーツアクティブウェアブランドへと成長を遂げている。
 今年は、誕生40周年の記念の年を迎え、ブランドの根幹ともいえるコンセプト「力強さと伝統」を前面に打ち出した商品ラインナップとなっている。
 今回新登録となったのは、メンズアウターの中心的なアイテムの2種。
「ビンテージプリントTシャツ」は、製品にバイオウォッシュ加工をかけて、長年着たような自然な色褪せ感と素材感を表現。フロントはビンテージプリントで、ほどよくこなれた古着感を醸し出している。価格は 1,990円 (税込)で、M~LLサイズ、5色展開。
 「カノコ ボーダーワッペンポロ」は2型が新登録。ボーダータイプと無地タイプの生地に、それぞれバイオウォッシュ加工でヴィンテージテイストを表現し、アメリカの東海岸のカレッジ風のエンブレムやワッペン、わざとしわを入れた縫製など、こだわった商品に仕上がっている。無地生地タイプは全4色、ボーダー生地タイプは全2色、それぞれM~LLサイズ展開で価格は3,300円 (税込)。
 全国のマックハウスおよびゴールウェイ360店舗とウエブストアで販売中。


問い合わせ先:中根保株式会社  電話番号:03-3635-3021





   2013年 AUTUMN


EDWIN
本物のジーンズを追及した、珠玉のジーンズ
「EDWIN made in USAレディースライン」


 半世紀にわたりジーンズ一筋に歩み続けてきたEDWINが、昨年、その集大成として立ち上げた「EDWIN made in USA」。発売直後からメンズジーンズ市場で反応がよく、好調な販売を続けている。今春からは、いよいよレディースラインも加わり充実した展開となる。
日本のジーンズのこだわりと技術を、高品質なアメリカ綿使いとアメリカ生産で融合させた、 “新たな世界標準のスタンダード・ジーンズ”と銘打った新ラインは、ものづくりにこだわり続けてきた、老舗EDWINらしさを随所に感じさせるジーンズだ。
 本シリーズのテーマは、“穿く人を飽きさせない本物のジーンズ”。企画生産部の青野 睦氏によると、「現在のジーンズ市場は、ストレッチや防寒など付加機能を施したものが席巻しているが、綿100%でアメリカ製の、いわば王道のジーンズを提供することで、ジーンズ本来の魅力を発信し国内外のジーンズ市場を活性化したい」という。その言葉通り、生地、デザイン、ディテール、シルエット、ウォッシュなど各工程で妥協を許さず、吟味した仕様を採用している。
 レディースラインの企画も同社のUSAプロジェクトチームが担当。原料となる綿は、柔らかく風合いの良い高級アメリカ綿を贅沢に使用し、生地は柔らかさと凹凸感を兼ね備えたカイハラ株式会社特製の「ポップコーン・ストレッチデニム」で、立体的な表情とヴィンテージ感を演出している。縫製と洗い加工はアメリカ・ロサンゼルスで行い、特に表情の決め手となる洗い加工の工程は、デニムテック社の最先端のヴィンテージ・ウォッシュ技術が取り入れられ、ナチュラルで奥深い陰影を出している。とことん“made in USA”を意識した仕上がりだ。
 こだわりのデザインでは、実用的な大き目コインポケットや、ヴィンテージ風のリベットボタンには、金属が直接肌に触れないようコーティングが施されている。シルエットはスキニータイプを年末から先行して立ち上げ、今春からはストレート、フレアなどシルエットバリエーションを増やす。価格はワンウォッシュが16,800円(税込)、ユーズド加工が18,900円(税込)。セレクトショップ、百貨店、直営店を中心に、年末から国内で先行発売し、来春以降は北米、ヨーロッパ、アジアなど世界中でも販売される。



問い合せ先:株式会社エドウィン商事 企画生産部 電話:03-5604-8904
公式オフィシャルサイトhttp://www.edwin.co.jp/mens/made-in-usa/
公式通販サイトhttp://news.edwin.co.jp/onlineshop/edwin-edwin-made-in-usa.html
公式FACE BOOK 「Edwin USA」