トピックスパックナンバー

◆コットントピックス◆

<2020 WINTER>

■シキボウ
繊維に付着したアレル物質をすばやく低減させる加工「アレルOFF(アレルオフ)」を開発

 「健康快服」をコンセプトに清潔快適素材を提案するシキボウは、このほど、繊維上のアレル物質を低減させる抗アレル物質加工素材「アレルオフ」を開発した。
 アレルオフは、繊維上に付着した花粉やダニのアレル物質を素早く吸着し変性させ、アレル物質としての効力をなくす。しかもいったん変性したアレル物質は元には戻らないという。
 即効性があり、ダニとスギ花粉を対象としたELISA法での測定実験では、わずか1時間で90~80%の低減率を確認した。優れた洗濯耐久性もあり、洗濯50回後でも効果が持続するため、ユニフォームや寝装品、コートなど、幅広い分野での展開に期待が寄せられる。
 先に行われた展示会では、来場者の反響が大きく、早々に寝装品ブランドでの展開が進行中だ。さらにレディスアウターなどからも引き合いがあり、上々の滑り出しとなっている。
 今やアレルギー疾患の患者数が、国民の約2人に1人と増加傾向にある(注)中、抗アレル物質対応商品は、今後ますます需要拡大が見込まれる。
  同社では、既に花粉やダニを「つきにくく、寄せ付けにくくした」防御加工の各ブランド「カウンターペインP」やSEK防汚加工マーク認証の「花粉フリー」、防ダニ加工「ノンバック」をラインナップしている。今回のアレルオフの投入で、「ついてしまった」花粉やダニの死骸やフンにも対応することで、目的や用途に合わせて加工を併用したり、単独使用など多彩な提案が可能となった。 

   (注)厚生労働省「リウマチ・アレルギー対策委員会報告書」より

 


     問い合わせ先: シキボウ株式会社 戦略素材企画推進室
                電話:06-6268-5553 http://www.shikibo.co.jp/